Chinese Japanese English Italian

少林寺

少林寺は河南省鄭州市の登封県の北から15kmの所にある。少林寺は中国の仏教に発祥地の一つである。今は、少林寺、嵩山、嵩陽書院と塔林は一枚のチケットで見ることができるようになった。


ほぼ全部の鄭州市のバスセンターでは少林寺行きのバスがある。中心バスセンターは鄭州駅の正面になるので、見つかりやすい。しかし、そのバスは直接に少林寺に着くことができない。バスは登封まで行って、また少林寺行きのバスに乗り続く必要がある。

タクシーの方は明らかに便利だが、中国語が話せなければ、ドライバーに騙される可能性がある。「少林寺」と書かれた紙を用意しておくと、時々、有効になる。日本の方は、漢字が書けるので、通じない時に、大体役に立つ。

少林寺に着いたら、昼食を済むレストランを紹介されることがあるかもしれないが、絶対に行かないでください!でも、お菓子がおいしい。だから、長い時間に少林寺にいるつもりがあれば、食べ物を持って行ったほうがお勧め。

チケット売り場は、正門の外にある。しかも、大きいので、見つかりやすい。値段は、100元です。

The new Shaolin gate

学生の方であれば、学生証を持っていってください。中国のある観光地では、外国人の学生にも学割を提供する。大体 20%-50%の割引します。

少林寺に入ると、電力のミニバス駅が見えます。正門から、寺まで2キロメートルくらいの距離がありますので、よく観光者たちに使われています。しかしながら、歩いていくのも悪くはありません。歩きながら途中でのいい景色を見ることができます。まだ,道の両側に武術の学校の学生が練習していますので、生の武術を見ることもできますもう1つ、松林武術を演出する所に通りますらか、入口の傍にある演出時間表が表示されていますので、見ておいた方が便利だと思います。

チケットで嵩山を登ることができます。しかし,結婚は体力がかかりますので,体力がない人におすすめできません。ケーブルカーを使って、頂上までいけます。

良く回ってきたら、おなかが空いたでしょう.でも,お寺の回りに食事をしないでください.ちょっと我慢して、鄭州に着いてから食事をとすることをおすすめです.

その他

Creative Commons License
licensed under a Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 2.5 License.